目指せ霊感ぜろ脱出! スピリチュアルと日常漫画

ハロマル日誌

占い

No.32「日本の神様カードとは?使い方を紹介!」

更新日:

ご訪問いただきありがとうございます!
脱ぜろ感を目指すスピリチュアル初心者の漫画ブログです!

2015年の話。

本屋でプラプラ物色していると、ふと目に留まるものがあった。
日本の神様カードと書かれたもので、どうやらタロットカードのようなものらしい・・・。
とても可愛らしいパッケージが特徴的だ。
気がつけばカードを手にしていた。

帰宅後、早速カードを使うことにした。
このカードについて調べると、どうやらどんな質問をしてもいいらしい。
説明書を見ながらカードをまぜて、質問を思い浮かべながら1枚のカードを選んだ。
「自分と関わりのある神様を教えて!」
そうして出てきたカードは、少し見た目がおっかないカードで天児屋命(あめのこやねのみこと)と書かれていた。
どうやら言霊の神様らしい。

後日。
このカードの結果が気に食わず、もう1度同じ手順でカードを引いた。
...同じカードが出た。
偶然にしては出来すぎているような気がした。

ということで、日本の神様カードについて見ていきましょう!

日本の神様カードとは?

日本の神様カードとは、日本の神様が描かれたオラクルカードの一種です。
48柱の神々が描かれており、誰でも名前を知っているような有名な神様が多く出てきます。
カードのサイズは2種類あります。
自分はミニサイズ版を持っていますが、ポケットに入るくらいの大きさです。

それから日本の神様カードと同じシリーズの「日本の神託カード」というものも販売されています。
こちらは身近な神様や妖精や自然など、身近なところに存在するエネルギーを表したカードです。
こちらもカードのサイズは2種類あります。

神様カードの良いところは、気軽に1枚引けるところです。
「こんな時はどうすればいいのだろう?」
という時など迷った時に引いてみると、ドンピシャなカードが出て驚くことがあります。

そして神様カードは、タロットカードやオラクルカードを使ったことのない人でも簡単に使うことのできるカードだと思います。
神社や日本の神様が好きな方には、特に取っつきやすいカードではないでしょうか。

タロットカードとオラクルカードの違いとは?

タロットカードは一般的に22枚のカード(大アルカナ)と56枚のカード(小アルカナ)で構成されています。
カードにはストーリー性があり、意味を覚えてしまえばどの種類のタロットカードでも使えるようになるでしょう。

一方オラクルカードは、カードによって枚数も意味も違います。
絵柄は「エンジェル」「パワーストーン」「動物」「カラー」「架空の生き物」など様々です。
タロットカードは厳しい内容のカードがありますが、オラクルカードはどちらかというと癒し系です。
そして「オラクル」とは、ご神託という意味があるそうです。

日本の神様カードの使い方

神様カードに付属している説明書きでは、以下のように書かれています。

1.目を閉じて、深呼吸を3回
2.日本の神々、自分自身のスピリットガイドに繋がると意図する
3.質問を心で唱えながら、カードをまぜる
4.1枚好きなところからひく、または自分の好きなスプレッド(並べかた)をして、メッセージを受け取る

自分が神様カードを使う時は、

1.1枚1枚カードを見て確認する
2.雑念を払って集中する
3.質問を頭に思い浮かべながらタロットカードと同じように混ぜる
4.1番上から引く

場合によっては数枚引くこともあります。

ポイントは、心を落ち着けてからカードを混ぜること。
カードに気持ちを集中させると更に良いです。
ですが説明書にもあるとおり、好きなようにカードを混ぜて直感に任せて引くのが1番だと思います!
形や方法にとらわれず、自分の好きなように使ってみて下さい。

タロットカードやオラクルカードを使ってみて思うことは、案外馬鹿にできない結果が出ることが多々あるということです。
以前はスピリチュアルやオカルトは完全否定派で、タロットカードも他の占いと同様に統計やバーナム効果の類だろうと考えていました。
ですがそれだけでは説明できない結果が出ると、少し恐ろしくなったりもします。(笑)

まとめ

初めて引いた日本の神様カードは「天児屋命(あめのこやねのみこと)」でした。
もっと人っぽいカードが出ることを期待していたのと、黒と赤の少し禍々しいカードだったためガッカリしたのを覚えています。
ですが後々、このカードの神様は自分と関係があるということが分かるのですが・・・その話はまたの機会に!

 
 

スポンサードリンク

-占い

Copyright© ハロマル日誌 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//投稿ページ日付表示の変更 2018/7/28/