目指せ霊感ぜろ脱出! スピリチュアルと日常漫画

ハロマル日誌

占い

No.59「タロットカードを購入した話」

投稿日:

ご訪問いただきありがとうございます!
自身のスピリチュアルな経験や神社紹介、日常話を漫画に描いてお届けします!

2015年頃の話。

2014年に霊視タロット占いをしてもらってからというもの、タロットカードのことが気になって気になって仕方なかった。
「霊視によるタロット占いとオーラ鑑定を受けた話!その1」
「霊視によるタロット占いとオーラ鑑定を受けた話!その2」
しかし「自分で占うのは難しそうだな、それに霊感もないのに当たるわけがない」などいろいろと脳内で言い訳を考え、タロットカード購入には踏み切れずにいた。
そんなある日、本屋で気になるタロットカードセット(22枚のタロットカードと詳しい解説書付き)を発見。
そのカードから目が離せなくなり、購入することに決めた。

帰宅後、早速解説書を片手に試すことにした。
悩みは思いつかなかったが、とりあえず無難に"今後の自分"について占ってみようじゃないか。
おぼつかない手つきでカードを混ぜ、なんとか手順通り並べることができた。
結果はどうだろう?と解説書を見ていくと・・・なんだかお先真っ暗な絵柄ばかりじゃないか!
死神に塔から落ちた人に吊るされて身動きが取れない人などとんでもないカードばかりが目の前に広がっていた。
それらのカードの意味を知り「なんて厳しい占い結果なんだ!」と愕然としたことを今でも覚えている。

今回はそんなタロットカードについての話です。

タロットカードの選び方

タロットカードに興味はあるけれど、カードの種類が多すぎてどれがいいのか分からない!という方も多いと思います。
ここでは私が考えるタロットカードの選び方について、いくつか紹介します!

●絵柄から選ぶ

様々な種類のタロットカードが販売されていますが、「直感的に見て絵柄が好き」「なんだか分からないけれど惹かれる」など、あなた自身がそれを気に入ることが大切だと思います。
タロットカードは1枚1枚決められた意味がありますが、実はカードに描かれているものからインスピレーションを得ることが多いです。
イラストが少し変わっていたり面白いもの、人の代わりに動物が描かれているもの
でも大丈夫!
知識は後からついてきますし、あなたが直感でなんとなく惹かれるならそれで良いと思います。

●サイズから選ぶ

タロットカードのサイズについて。
例えば手の小さい人が大きいサイズのカードを選んだ場合、シャッフル(混ぜる)するのが少し難しく感じるかもしれません。
また、どのような用途で使うのかによっても変わってきます。
外出先で知人を占いたいなら小さいカードの方が持ち運びやすく便利かもしれないし、まずは自宅で勉強したいなら絵がバッチリ見える大きいカードがいいかもしれません。
ですのでカードのサイズが選択できるならば、使い方に合わせて選ぶのをオススメします。

●大アルカナか小アルカナか

タロットカードは基本的に78枚のカードで構成されています。
その中でも特に重要な意味を持つのが大アルカナと呼ばれる22枚のカードです。
一方小アルカナは、更に細かく説明してくれる頼もしい56枚のカードです。
22枚の大アルカナのみのカードセットもあれば、78枚全てが揃っているものもあります。
これは人によって様々で「インスピレーションや霊感を使って占うから、22枚のカードで十分!」という人もいます。
実際、今回の話で私が購入したタロットカードは大アルカナのみでしたが、何も問題なくビシっと占うことができます。

その他にも「マルセイユ版かウェイト版か」「解説書付きかどうか」「値段」など気になる点はあると思いますが、やはり大事なのは直感!
できるなら実際にカードを触って確かめた方がいいですが、それができなくても「なんとなく気になるなぁ」というカードであれば通販でも問題ないです。

タロットカード占いは難しいのか?

タロットカード占いは難しいのかについて、YESとも言えるしNOとも言えると私は思います。
何が難しいのか、それは自分自身を占うことです。
悩みがある時や切羽詰まっている時など、どうしても思い込みや願望からカードをリーディングしてしまったり、客観的に捉えるのが難しいかもしれません。
ですがそれを踏まえた上で自分自身のことを占えばよしです!

最初は並べ方や解読など難しいと感じるかもしれませんが、だんだんカードが馴染んで感覚的に分かるようになってきます。
「興味はあるけど難しそうだから」という人は、とりあえず買ってみて実際に占ってみることをオススメします!

まとめ

実際にカードを購入して占ってみて「自分でも占えるぞ!」と喜んだ。
初めはシャッフル方法や絵の意味などいまいち掴めなかったが、何度も繰り返し練習するうちになんとな〜く分かるようになった。
これを機に、他の人のことについても時々占うようになったが・・・これが結構当たるのだ。
(自分のことに関しては、大体厳しい結果になるけれど)
個人的に占う上で大事だと感じるポイントは、その日の体調や気分とどんな占い結果になっても疑わないこと。
体調や気分は良い方がいいのと、占い結果が悪くても受け入れること。
こう書いてはみたけれど、難しいことは考えずにとにかく占いを楽しむのが一番だ。

タロットカードの良いところは、例え酷い結果が出てもそれを回避するための対策が分かることです。
なので、もし誰かを占う機会のある人は結果だけでなくどうすればいいのかについてしっかり相手に伝えることをオススメします!
ということで今回は、タロットカードを購入した話でした!

See you next time!

スポンサードリンク

-占い
-,

Copyright© ハロマル日誌 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//投稿ページ日付表示の変更 2019/9/22/