目指せ霊感ぜろ脱出! スピリチュアルと日常漫画

ハロマル日誌

スピリチュアル漫画

No.72「よくない気を祓いに神社へ行った話」

投稿日:

ご訪問いただきありがとうございます!
自身のスピリチュアルな経験や神社紹介、日常話を漫画に描いてお届けします!

2017年のこと。

ある日、突然母が「護国神社へ行くよ!」と言ってきた。
普段神社へ誘うのは専ら私の方で、母から誘われることはあまりないので理由を聞いた。

するとどうやら母の職場の霊能力者Nさんが関係しているらしく、Nさんから「言おうかどうか迷ったんですけど、最近あまりオーラの状態がよくないから宮崎縣護国神社へ行くといいですよ。あの神社の神様は優しいですから」と言われたらしい。
そして更に「護国神社の真ん中あたりで深呼吸してみて。その時に咳が出たら、もう大丈夫ですよ。それとたぬ吉も連れていってね」と、不思議なアドバイスをもらったとのこと。

それは面白そうだ!というわけで早速母と二人、宮崎縣護国神社へ行くことにした。
ということで今回は、神社で体験した浄化に関する話です。

良くない気が溜まった状態とは?

良くない気とは、邪気やネガティブなエネルギーなどと表現されます。
それらのエネルギーが溜まる要因は様々で、自分自身が生み出した負のエネルギー(悪口を言ったり、人を妬んだり)や不安や怯えなどの悩み、他の人からの念、霊的要因や土地など原因は様々です。
邪気は目に見えるものではないですが、良くない気が溜まった状態とは「部屋を片付けずに物をどんどん溜め込んでいる」そんな状態と似ているように思います。

その状態で過ごすと、体調不良や様々なトラブル、訳も分からずイライラしたりやる気が出ない、運が悪くなったなどの弊害があるようです。
(中には植物や花が枯れやすくなったという話もあります、植物が邪気を吸ってくれたということです)

邪気を払うには?

邪気を払う方法は様々ですが、その中でも特に面白いのが「首の後ろ(付け根)には気をつけろ!」という話です。
首の後ろは見えないもの(気や霊など)の入り口になっているので、開けっ放しにせず閉じておかなければいけないよ、と。
風邪が首から入るという人もいるくらいです。

その他の邪気払い方法をいくつか紹介します。

●植物を育てる
●粗塩を使う
●真言など(賛否あり)
●香り
●部屋の掃除、換気
●笑ったり楽しい感情で過ごすこと
●パワーストーン etc...

私の場合、最近「これいい方法かもしれない」と実感したのは、塩をなめて飲む方法。
電子書籍を読み漁っていた時、たまたま『強制除霊師・斎(いつき)』という実話オカルト漫画を見つけて読み始めたところ、その中で紹介されていたのがこの塩舐め。
塩とコップ7分目ほどの水(お茶やジュースは不可)を用意し、利き手の人差し指と親指の2本で塩をつまんで舐め、用意したコップの水を全部飲みきるというもの。(水は一気に飲まなくてもいいが、飲み終わるまではコップから手を離さないこと)
効果は大体6時間くらいと紹介されていたが、これをやって楽になったということが何度かあった。
そしてこの漫画に登場する霊媒師の斎(いつき)さん・・・実在の人物で既にお亡くなりになっているものの、もし描かれていることが本当なら滅茶苦茶強い能力の人だったのだと思う。
世の中は不思議で満ちている。

実際に神社へ行って起こったこと

母の職場の霊能力者Nさんによると、母の中に相当良くない気が溜まっている状態で、今回は宮崎縣護国神社の神様から力をお借りしてその穢れを祓う・・・という話だった。
方法は簡単で、参拝後に境内の中心でしばらく待つ・・・すると咳が出るよーとのこと。
この時ポイントとなるのが、心を落ち着かせること。
そして母の場合は霊獣「たぬ吉」を参拝時に持っていくことが大事だと言われたらしい、たぬ吉は神様にとって目印になるからと。

母と二人で参拝後、誰もいない境内の真ん中あたりで深呼吸して心を落ち着けた母。
「誰もいなくてよかった・・・」などと考えながら母の様子をしばらく観察していたが、咳の出る気配は微塵もない。
長くなりそうだったので境内をぷらぷらと散策することにした。

「本当に咳なんて出るのかねぇ・・・大体、神社と咳に一体どんな因果が・・・」と、突然喉のあたりが苦しくなり始め、なんと咳が止まらなくなったではないか!
どう表現したら良いか分からないが、とにかく非常に苦しく我慢できずに激しく咳き込んだ。
結局母は何の変化も起こらず、私は神社を出るまで咳をし続け、駐車場へたどり着く頃には治まるという不思議な体験だった。

後日、母がNさんにその話をしたところ「あー、代わりに咳が出たんでしょうね。オーラがすっきりしてますよ」と言われたそうだ。
ということは私は母の悪い気を体に受け入れ、それを母の代わりに放出したことになる。
この体験後、神社へ参拝したりご祈祷を受けると息苦しくなったり咳き込むことが増えたような気がする。

まとめ

神社へ行き、母の代わりに邪気を吐き出した。
その後知ったのだが、神社仏閣などの場所で咳やげっぷなどが突然出る人は意外にも多いらしく、それは今回の話と同じように浄化作用の一種だそうだ。

邪気を溜めないように過ごす・・・簡単そうで難しいが、ネガティブなエネルギーに負けず日々を楽しく過ごせるといいね。
ということで今回は、よくない気を祓った不思議な話でした!

スポンサードリンク

-スピリチュアル漫画
-, ,

Copyright© ハロマル日誌 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//投稿ページ日付表示の変更 2020/6/21/