目指せ霊感ぜろ脱出! スピリチュアルと日常漫画

ハロマル日誌

社寺仏閣

No.65「人生初の凶を引いた話」

更新日:

ご訪問いただきありがとうございます!
自身のスピリチュアルな経験や神社紹介、日常話を漫画に描いてお届けします!

2020年1月。
東京浅草にある浅草寺へやってきた。
年が明けたばかりということもあり、多くの人で賑わっている。
参拝を済ませた後、おみくじを引くことにした。

浅草寺を最後に訪れたのは約10年前のこと。
当時はスピリチュアルや社寺仏閣に一切興味がなかった為、店をパーっと見てお参りもせず、おみくじすら引かなかったのでこれが浅草寺で引く初めてのおみくじになる。
浅草寺のおみくじと言えば、凶の出る確率が非常に高いことで有名だ。
「まさか凶なんて出るはずないよなー!」
なんて考えながら、出た番号のおみくじを探して見ると・・・凶!!!
その中身は凶らしく、書かれている内容は散々なものだった。

ということで人生初の凶を引いたので、今回はおみくじについて紹介します!

おみくじの種類は?

以前別の記事「同じおみくじを2度も引く!そもそもおみくじとは?」で、おみくじの種類を紹介しましたが今一度おさらいです。
おみくじの順番は基本的にこのようになっています。

大吉 > 吉 > 中吉 > 小吉 > 末吉 > 凶

おみくじの種類によりますが、最近の社寺ではそもそも凶が入っていないおみくじが多いそうです。
そんな中・・・浅草寺の凶は脅威の3割!!(ちなみに豊川稲荷東京別院や清水寺なども凶率が高いらしい)

私も以前はそうでしたが、おみくじを引いた時に「大吉だ!やったー」と文章を読まないことが多かったですが、実際に大事なのは吉凶の良し悪しではなく書かれている内容だと言われています。
以前の記事で紹介した通り、おみくじを引く際には「今聞きたいこと」「知りたいこと」を頭に思い浮かべながら選ぶのがオススメです。
おみくじに書かれている和歌や漢詩なども的確であることが多く、今の状況を如実に表していている・・・!なんてことも。
(もし書かれている内容が難しい場合、「おみくじの番号と何吉か」を検索するとネット上で解説してくれているサイトが見つかります。おみくじの種類によっては解説がないものもあります)

どうしても納得いかなければ、何度も引き直すのもありです。
ただ恐ろしいことに、何度引いても同じようなメッセージばかり出る時もあります。その時は諦めて受け入れましょう。
大切なのは、悪いおみくじを引いた後に「どう行動するか」だと思います。
おみくじに全思考を委ねろ!とは言いませんが、そこに書かれている言葉に心当たりがあるのなら、それらを回避したり直すチャンスを得たぞーと前向きに考えてみるのもいいかもしれません。

悪い内容のおみくじを引いたらどうする?

悪いおみくじを引いたらどうするかについて。
以前の私であれば「やったー!記念に持ち帰ろう!」と持って帰っていたのですが、母の職場の霊能者Nさんが「悪いおみくじは引いた神社で結んだ方がいいよ」と母に話したらしいのです。
というのも、最近母はどこの神社でおみくじを引いても「人間関係に気をつけろ。ストレス溜めるな」という内容のものばかりを引く。
これが一度や二度ではなく、本当にここ数ヶ月はずっとこのようなメッセージのおみくじばかり。
それらのおみくじを母は持って帰っていたのですが、それを聞いたNさんが「それは止めたほうがいいよ、悪い内容のものは結んで帰ってね」という話をしたそうです。

ちなみに社寺で結んだおみくじはお焚き上げ等をしていただけます。
もし手元に以前引いたおみくじがある場合は、古札入れや返納所へお返しするか、年末年始にお焚き上げしている社寺へ持っていくことで処分することができます。

今回私が凶を引いた浅草寺では、凶の人のためにおみくじを結ぶ場所が用意されていました。
そこには「凶のみお結び下さい。それ以外はお持ち帰り下さい。」と書かれていたので、ある意味凶を引いてラッキーだったのかもしれません。
ただ、凶を引いた人はそんなにいなかったのか数は少なかったです。

写真で見る浅草寺

人が多かったため上向き写真ばかりですが、どうぞ!

雷門。大提灯は名前の通り大きく圧巻だ。

宝蔵門。

問題のおみくじ、七十五番は凶なり。

スカイツリーを発見。

隣の浅草神社も参拝、ちょうど猿回しをしていた。

凛々しい狛犬。

まとめ

浅草寺で凶を引いてから約一週間後・・・
小学生の時以来のインフルエンザに罹り、今現在も鼻をすすりながら書いている。
果たして浅草寺で引いた凶との因果関係は如何に!?
と言いたいところだが、豊川稲荷東京別院では大吉だったしおみくじとの関係はないと個人的には思う。

そういえば浅草寺についてほとんど書いていないことに気づいたので少しだけ。
雷門から浅草寺までかなりの人で賑わっており、人混みが苦手な私は疲れた顔をしながら本堂へたどり着くと・・・
なんと心地よい空間か!
あんなに多くの人がいるにも関わらず、物凄く体が軽くなった。
祀られている神様は観世音菩薩様ということだが、とにかく優しく大きいという感じがひしひしとした。
この場所は現世利益というよりは先祖供養や健康なんかがいいかもしれないです。
以前も書いたが、神社とお寺では神様の性質や空気が随分違うと最近強く感じる。

ということで今回は、人生初凶の話でした!

スポンサードリンク

-社寺仏閣
-, ,

Copyright© ハロマル日誌 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//投稿ページ日付表示の変更 2020/1/19/